top of page

アートとこどもの成長

ハピネスラボこども絵画造形教室です。

アートは子供達の成長にどう影響しているのか…。

知りたい親御さんも多いのではないでしょうか? 

義務教育に図工や美術があるのはそれなりの理由があります。

世界中の多くの研究者がアートと子供の成長についてをテーマにしています。

私達ハピネスラボが考える「アート」とは、あくまで教育ではなく、子供達の未来のための大切な要素と考えています。子供とアートの関わりは、子供の創造力、感性、認知能力、情緒的な発達など…重要な要素を与えることが知られています。

以下にまとめてみました♪



【創造性の発達】

アートは子供に自由な表現の場を提供し、想像力や創造力を刺激します。絵を描いたり、造形活動を通じて、子供たちは自分自身のアイデアや感情を表現し、新しいアイデアを生み出すことを学びます。



【感性の発達】

色彩や形状、テクスチャなどの要素を通じて、子供たちは感覚的な体験を豊かにします。アートは視覚的な刺激を通じて子供の感性を養い、繊細な美的感覚を発展させる一助となります。



【認知能力の向上】

アート活動は問題解決能力や論理的思考を発展させる手助けになることがあります。例えば、物を組み立てたり、模倣する際には空間認識やパターン認識が必要です。



【情緒的な発達】

アートを通じて子供たちは自分の感情を理解し、表現する方法を学びます。感情を絵や彫刻に投影することで、内面的な感受性を外部に示す機会が提供されます。



【コミュニケーション能力の向上】

アートは非言語的なコミュニケーションの手段としても機能します。子供たちはアートを通じて自分の考えや感情を他人に伝える方法を学び、他人の表現を理解する力も養われます。



【自己肯定感の向上】

アートは「自分の作品」を生み出す機会を提供します。成功体験や自己表現を通じて、子供たちの自己肯定感や自信が高まることがあります。



【社会的・文化的な理解の深化】

アートを通じて、さまざまな文化や歴史的な背景を理解する機会が生まれます。子供たちは他の文化や過去の文化的な成果物を通じて、多様性を尊重し理解する能力を培うことができます。




ただし、子供たちのアート体験は環境や個人差によって異なるため、一概にすべての子供に同じような影響があるわけではありません。ここで重要なのは、子供たちが自分自身のペースで楽しむことができるアート体験 ができる環境を大人が提供してあげられることです。私達ハピネスラボこども絵画造形教室は、教育として教え、与え、叩き込むようなことはしません。口出しも最低限に心がけています。あくまで彼らの主体性に任せて、のびのびと想像力を伸ばせるよう寄り添って進めています。それが子供アート教室の役割だと思うからです。


私達は、彼らの成長と発達をサポートし健やかな未来を創造し、願っています♪




ハピネスラボこども絵画造形教室


閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page